クラシック音楽の著作権はフリー?

小説などの文章の場合、著作権の保護期間は作者の死後50年と定められている。それ以降は、自由に文章を用いることができる。著作権の切れた作家はボランティアの手によって打ち込みが行われ青空文庫に収められている。それでは音楽の場合はどうなるのだろうか?


クラシック音楽の著作権

没後何百年も経っているクラシックの音楽家たちの著作権は当然消滅している。ならば、タダで使い放題かと言えばそうではない。作曲者の著作権は失効していても、その楽曲を演奏した人間に生ずる演奏著作権は有効である。そのため、ちまたに売られているクラシック音楽のCDをそのまま使うのはアウトとなる。

クラシック音楽を自分の作品に著作権フリーとして用いるとすれば、演奏自体も昔に行われたもの、録音されたものを使用しなければいけない。それでも、復刻版として出ているものとなればレコード会社の権利も生ずることになるので注意が必要だ。

それでもクラシック音楽は、他のジャンルに比べれば権利関係はゆるやかなものと言うことができるだろう。

音楽は権利関係が難しい

音楽というのは、楽曲そのものの他に著作隣接権が存在する。

ミュージシャンが、レコード会社に著作隣接権を抑えられていて、本意ではないベストアルバムが勝手に発売されてしまうといったことが起こりうる。これを防ぐためには原盤権を買い取らなければいけないが、非常に高額なためなかなか手を出せないのが現状である。

「法律に関するあれこれ」の詳細を調べる

    
コメント