新聞から得られるもの

新聞はオールドメディアの代表格といえます。紙に印刷された新聞が、自宅に配送されます。それまでにインターネットやテレビなどで速報性のあるニュースは流れてしまっています。それでも新聞を読む理由はなんでしょうか?


情報が整理されている

新聞は情報が整理され編集されています。ある事件が起きた時に、なぜその事件が起きたのかという背景を解説したり、専門家にコメントを取っています。ネットニュースの場合は、事実をフラッシュニュースとしてストレートに伝えるのみで、事件の背景まではわかりません。物事をじっくりと捉えるには、新聞は有利なメディアだといえるでしょう。

ある程度は正しい情報がある

さらに新聞は、媒体によってはバイアスがかかっているものがありますが、基本的には客観的な事実を記述する媒体です。週刊誌やネットニュースのような、真偽があやふやな情報や飛ばし記事は掲載されていません。それは、政治経済といったハードニュースだけでなく、健康情報や雑学といったソフトニュースにも該当するといえます。いわば、新聞はそうした情報を用意してくれるキュレーションサイトであるといえるでしょう。情報の速報性においては、インターネットやテレビに負けますが、そうした点においては新聞メディアの利点はまだあるとも言えるでしょう。

    
コメント