911テロが疑われる理由

アメリカはニューヨークにある世界貿易センタービルがハイジャックされた飛行機の突入によって倒壊する痛ましいテロ事件から、13年が経とうとしています。この事件にはいまだに疑問を持つ声も聞かれます。それはアメリカ政府がテロの情報を知っていて見逃したのではないかというものです。


ビル倒壊の疑問

さらにビルが瞬く間にくずれていくさまは、発破解体の様子と似ていると指摘する声もあります。さらに、テロの数日前に大規模な停電があり、大規模な工事が行われていたことも報告されています。

そもそも貿易センタービルは、高層ビルとして航空機の衝突は想定されていたといわれています。そのため外壁を頑丈な作りにしていたようです。しかし突入した飛行機のジェット燃料が引火する火災の熱によって、想定外の負担がかかりビルが倒壊してしまったというのが報告書の結論です。実際、飛行機は離陸直後にハイジャックされているので燃料は多く火災は広範囲にわたって起きました。しかし、巨大なビル一棟を倒壊させるほどの火災を発生させたのかといえば疑問が残ります。

次元で考える

飛行機によってビルが崩壊したのではなく、飛行機の突入が想定されており、その後別の手段で爆破解体されたと考える説もあります。

さまざまな利害が絡んでいるのでしょうが、テロを察知しつつも未然に防止できなかったということは事実のようです。

    
コメント