横田空域ってなんだ?

日本はいまだにアメリカの属国なのではないかといったものはよく議論にあがるトピックですね。日本の各地に米軍基地があり、それを日本が「思いやり予算」で負担しているといった事実がそうした言葉を呼び寄せるのでしょう。しかしながら、実際にそれを感じさせる事実が横田空域です。

空はアメリカのもの?

横田空域とは、東京都の西側にある横田基地の管制官が管制を担当する空域をさします。空域は目に見えないものですが、そこにはアメリカが存在しているのです。横田基地はアメリカ軍の施設でありますから、当然ながらその空もアメリカのものとされています。この空域を飛ぶ場合は日本の飛行機であっても許可を得る必要があります。事前の許可があれば飛行可能ではありますが、ほとんどの民間機が迂回などの措置を取っています。

広範囲にわたる

この横田空域というのは、静岡県の伊豆半島のあたりから新潟県に至るまで1都8県にわたる広範囲のものとなっています。特に影響を受けるのが羽田空港を発着する西日本、北陸方面へ向かう路線でしょう。特に北陸地方へ向かうルートは横田空域にそのままかぶってしまいます。

段階的返還

こうした不便を解消するためにも、横田空域はこれまでにも段階的な返還が行われてきていますが、全面返還にはいたっていません。こうして見ると、日本の空はいまだにアメリカのものなのだと思わざるを得ません。