数字から日本の未来を読む

未来というのは誰にもわからないものだといわれています。確かにそれはあるでしょう。しかしながらある程度の予測は可能だといえます。そこに情報やデータなどがあればなおさらでしょう。

未来を読む

そんな数字から未来を読むにあたって参考になる本が高橋洋一による『この数字がわかるだけで日本の未来が読める』(KADOKAWA)です。本書で取り上げるテーマは増税から少子化、国際情勢まで幅広いです。まさに、日本の社会が取り上げるべき問題、向き合うべき問題が本書において網羅されているといえるでしょう。

感情を後ろに

本書のメインの物言いは、日本人はなぜ感情にふりまわされてしまうのかということですね。確かにひとつの大きなニュースが湧き上がると、みんなその話題ばかりになります。さらに「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ではありませんが、そのあとはすーっと冷めてしまいます。そうしたものではいかんというわけですね。

数字に向き合う

本書で取り上げられているトピックは今現在に進行形のことであり、そこでの数字に向かいっていくことによって感情にふりまわされない冷静な議論をすべきだと気づかせてくれます。例えば「人口減少よりも深刻なのは老後格差」といったものは切実な問題でもあるでしょう。日本の今を知りたい人におすすめの本です。