社会問題

  • ()
  • ()
  • 反抗以前の子供たちとは?

    社会はさまざまな場所で壊れつつあるといわれてきていますね。日本はかつてのような一億総中流で豊かな国ではないともいわれつつあります。それは果たして本当にそうなのかと思いますが、日本のある部分が確実に壊れつつあるのは確かでしょう。

  • マージナルを知る

    マージナルという言葉があります。周縁といった意味合いがあるものですね。この言葉を人間に当てはめたものが安田峰俊の『移民 棄民 遺民 国と国の境界線に立つ人々』(角川文庫)です。

  • なぜ日本が成長しない?

    日本は経済成長ができない国といわれています。それはなぜでしょうか。かつてのような高度経済成長期が終わりを遂げた、人口が減少に転じることが確実視されている、さらに少子高齢化が進んでいるといった理由があげられます。それは誰もが知るところではあるでしょうが、さらにはほかにも理由があるのではないでしょうか。

  • 引きこもりの定義は?

    引きこもりが、悪い意味でクローズアップされるのは、引きこもり状態にあったと言われる人物が何か事件を起こした時などでしょう。引きこもりとは、そもそもどのような定義がなされるのでしょうか。

  • AI労働の未来とは?

    あらゆる労働から人間はAIによって解放されるとはよく言われるものですね。果たして本当にそういう未来がやってくるのでしょうか。もちろん遠い将来においてはそういった世界は実現するのかもしれませんが、それはいわゆるひとつのサイエンスフィクションの世界ではないかと思うのも実際のところでしょう。しかしながら未来はもうそこまで来ているのです。そう気づかせてくれる本がホリエモンこと堀江貴文による『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)でしょう。

  • 父権は崩壊した?

    父権と呼ばれるものがあります。母性に対して対比されるような概念と言いましょうか。強力なカリスマ的なマッチョが強力な指導者として振る舞うものです。アメリカ大統領のドナルド・トランプなどが代表的でしょうか。しかし父性というのは、強引さの象徴でもあり、セクハラやパワハラなどの源泉ともされています。

  • 日本の人口、1億人越えたのはいつ?

    日本の人口は、2019年4月1日現在で約1億2600万人ほどいます。今後は人口減少に転じていくと言われています。高齢化社会と、それに対して生まれてくる子供の数が少ない少子化がそれを後押ししていくわけですね。

  • デジタルタトゥーとは何か?

    デジタルタトゥーと呼ばれる言葉があります。いまのインターネット社会において密かな、そして大きな問題となっているものです。そもそもどういったものなのでしょうか。

  • ルッキズム、エイジズムとは何か?

    ネット上で、ルッキズムといった言葉をよく目にします。これはどういう意味があるものなのでしょうか。

  • 子どもの虐待の実態を知る

    子どもの虐待というのは痛ましいものです。犠牲者も出ている今、なんとかしなければいけないと思う人は多いでしょう。しかしながら、家庭の中で起きている出来事に対してはっきりと踏み込めないといった実情があるのも確かです。

  • 次の時代はどうなる?

    次の時代という言葉は常に言われますね。時代を読む、時代を先取るといった言葉でも使われています。やはり時代というのは日々刻々と変化しているものでありますから、そこにおいては時代を読む力というべきものを身につける必要があると言えるでしょう。

  • なぜ「1995年」がタームなのか?

    現代史をつむぐにあたって、1995年というキーワードが頻繁に登場します。速水健朗による『1995年』(ちくま新書)や、中西新太郎による『1995年:未了の問題圏』(大月書店)といった1995年をタイトルに冠した本も出版されています。そもそもなぜ1995年が注目されるのでしょうか。

  • 日本は二極化する?

    日本はかつては一億総中流社会とも言われてきました。ほとんどの人が会社員として安定した生活を送り、一軒家を持ち、車を買い、子どもを育てて大学まで行かせるといったモデルができあがっていました。しかし、現在はそのような幸福なモデルはもはや存在しないと言えるでしょう。

  • 自分を救う必要がある人に向けた本

    何か困難や壁に立ちはだかった時に、自分を責める人がいます。さらには、時として自傷行為などに及んでしまう人もいるでしょう。さらには摂食障害などに陥る人もいるかもしれません。これらの行為は広く自分自身を追い込んで傷つけるという意味で同じものだと解く本があります。

  • 人類の未来は明るい?

    人類の未来が暗いとは常に言われています。人口爆発や環境破壊といったものが叫ばれているためですね。しかしながら、考えようによって人類の未来は明るいと言うこともできるでしょう。そういう問いかけを行っているのがヨハンノルベリ著作、山形浩生翻訳による『進歩:人類の未来が明るい10の理由 』(晶文社)です。

  • 事件を風化させないために

    1985年の日航ジャンボ機墜落事故は、日本の航空史上の中でも凄惨な事故のひとつとされています。この航空機事故にはさまざまな謎が存在することで知られています。もっとも大きな謎は夕方遅くに墜落したのち、救助活動が翌朝になるまで行われなかった点でしょう。墜落場所の特定に困難を要したというのが表向きの理由ですが、すでに墜落直後に米軍が墜落地点を特定していたことがわかっています。

  • 悪魔ちゃん騒動とは?

    自分の子供に変わった名前をつけるキラキラネームがブームとなって久しいですね。当て字や難しい感じを使っていると読めない名前があることもよく言われています。そのような変わり種の名前の最初の騒動として記憶されるのが「悪魔ちゃん命名騒動」です。

  • 高学歴ワーキングプアとは?

    高学歴ワーキングプアといった言葉はもはやおなじみなものになっているでしょう。世間では一流と言われるところの大学や大学院を出ていながらも正規の職につけない人々が溢れている問題を指します。これはなぜ起きてしまうのか。そしてこの言葉はいつ頃から言われはじめたものなのか。改めて考えてみましょう。

  • 1995年を考える

    1995年はどういった年として記録されるでしょうか。現代史をひも解いてみると、1月に阪神淡路大震災が起こり、3月にはオウム真理教による地下鉄サリン事件が起きました。そのあとはメディアはオウム一色となったのはよく知られています。この2つのトピックに共通するのは戦後の日本が保ってきた安全神話が破壊されたことではないでしょうか。そこから20年を経た今、私たちの前に立ちはだかっているのは、日本は豊かですらないといったシビアな現実でしょう。

  • アンダークラスとは何か?

    下流社会が日本に出現していると言われて久しいです。しかしながら、なかなか実態を掴みきれていないのが実情なのではないでしょうか。特に自分と異なる立場にある人たちに対しては想像力が及ばない場合も多いため、そこは難しいところだと言えるでしょうね。

1 / 5 1 2 3 4 5 最後 »