社会問題

  • ()
  • ()
  • チェルノブイリ原発事故と比べて、福島第一原子力発電所の事故はどれくらい深刻なのか?

    2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波の影響で、福島第一原子力発電所による原発事故が発生しました。福島第一原子力発電所の事故は、チェルノブイリの原発事故よりも深刻と言われています。 ■「最悪レベル」原子力発電所の事故 福島第一原子

  • DVや虐待をする親は3パターンに分けられる

    実はDVや虐待をする親をひとくくりにしてとらえることはできません。DVや虐待をする親は3つの層に分かれています。 ■DVや虐待をする親3パターン 1. 自分は子どもを愛せないと悩み、虐待をしてしまうのではないかと恐れている。また自分も親からの虐

  • DVを治療するために

    DVを治療するためには、DV加害者がDVを治療するために知っておかなければならないことがあります。 DVは自己責任である 自己責任は二つの特殊な意味で用いています。第一は自分の言動・行為は自分が起こしているとの認識です。例えば夫が「いくら自分が

  • DV加害男性がDVを治療するための考え方

    身体的暴力や精神的暴力に関しては、子どもが泣きやまない、仕事上のストレス、帰宅時に妻が直ちに姿を見せないなど、DVのきっかけは何でもよく、「理由なき暴力」といえます。妻の側は何が暴力のきっかけになるか分からないため、常に脅えながら生活をおくっています。DV加害

  • DVを改善するための有益な態度を習得する9つの方法

    DVを改善するための有益な態度を習得する9つの方法を紹介します。 DVを改善するための有益な態度を習得する9つの方法 1. ゴールに集中し続ける 「自分のゴールをめざせば、小さな歩みでも変化できることがわかった」 2. 常に前向きの

  • DVを直すために人間関係を改善するために学ぶ13のこと

    DVを直すために人間関係を改善するために学ぶ13のことを紹介します。 DVを直すために人間関係を改善するために学ぶ13のこと 1. 配偶者・パートナーの話をよく聞く 「私が学んだのは彼女の話をよく聞き、さえぎらずに話す機会を与えること彼女

  • DV加害男性のための専門相談とは

    米国の殺人事件のうち13%は夫婦問のもので、女性被害者の約30% はDVが原因となっています。米国の正式統計では、毎年200万人の妻が夫から殴打されています。米国では18秒ごとにDVが起こっているが、警察に通報されるのは250例のうち1件のみです。日本では、D

  • DV解決のポイント「介入」

    多くのDV被害者にみられる特徴に「当事者性の不在」というポイントがあります。「わたしはさておき」というこの発想がDV援助における最大の障壁となっているのが現状です。この「当事者性の不在」こそが、日本のDV問題にかかわっていくときの重要課題となっています。家族成

  • なぜ失業者が減らないのか? 雇用にまつわる3つの説。

    「失われた20年」という言葉も最早、聞き慣れてしまった今日このごろ。日本を覆っている不景気の波は未だ去っておらず、それどころか世界的にも広がってきています。その結果、起こっているのが失業です。世界各国では失業者対策に追われ、ドタバタしている日々。なぜ、失業者が

  • DVでよくある質問

    家族や恋人の問題であるDV。しかし、その実態は二人だけの見えない場所で行われていることが多く、DVに関する誤解が生まれてしまいます。今回は、DVの中でよくある質問を紹介します。 ■彼は病気ではないのですか? 違います。彼は計算しているのです

  • DVを直すならお酒はやめる!

    社会問題となっているDV。DVが起こる場合、一般的に男性はパートナーである女性の言動をコントロールしようとして暴力をふるってしまいます。暴力を受けると女性は、相手から距離をとろうとしたり、愛が冷めたりすることのほうが多いです。その男性の暴力を抑制する力を信じる

  • パワハラ被害、泣き寝入りしないために

    パワハラ、とはよく聞く言葉ですが、では、具体的にどのようなものがパワハラと言うのか、知っていますか。厚生労働省によると、職場のパワハラとは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的

  • 怒りを適切に表現し、ドメスティックバイオレンスを防ぐ方法

    ドメスティックバイオレンスを解決するには、怒りを適切に表現することが大切です。今回は、ドメスティックバイオレンスを治すために知っておきたい怒りとの付き合い方を紹介します。 ■怒りを表すのは大切 誰かに腹を立てている時のことを思い出してみてくださ

  • あなたもDVかも? DV判断のチェックリスト

    社会問題として年々増加しているDV問題。DVは特別なひとだけの問題ではなく、実はあなたもDVを行っているかもしれません。今回は自分がDVかどうか判断するチェックリストを紹介します。 ■女性用DVチェックリスト 彼の注文に少しでも疑問を示すと、すぐ

  • 「タイムアウト」でDVを防ぐ

    いますぐ暴力をやめるには、具体的に何をすればよいのでしょうか?DVをやめたいあなたは、「タイムアウト」を使ってみましょう。「タイムアウト」を使えば、きっと暴力をやめられるはずです。「タイムアウト」とは、怒りを感じた時や争いが起きたときに、タイムを取ることです。

  • DV加害男性12の共通点

    DV加害者にはある共通点があります。もしかしたらあなたにも当てはまる共通点があるかもしれません…今回はDV加害男性における12の共通点を紹介します。 共通点その1 第1に、なかでもよくみられる傾向は、自分が暴力をふるう事実を否定したり、自分の暴力を大し

  • 沖縄レイプ事件はイラク戦争からも繋がっている

    10月16日に沖縄で起きたアメリカ軍海兵によるレイプ事件。この事件に限らず、沖縄ではアメリカ兵士による犯罪が後を絶ちません。近年ではアメリカと日本の間での密約の存在が確認されており、表沙汰にならなかった事件が数多くあることが明らかになりました。彼らによる犯罪は

  • 簡単にだまされてしまうのは、こんな人

    「簡単に儲かる」なんて、いかにも嘘っぽいメールが来たら、サクッと削除するのが当たり前……のはず。お年寄りが振り込め詐欺に引っ掛かってしまうのは仕方がない気がしますが、詐欺の被害にあってしまう人は、年齢や性別に関係がありません。騙されてしまう人にはどんな特徴があ

  • なぜAiが必要なのか -死因不明が多過ぎる日本の現状-

    毎年日本で死亡する人の内、何人が死因不明として処理されているのでしょうか。正解は13万人です。この数字をシリアスに受け取るか否かは皆さん次第ですが、医療が充実し、治安も抜群に良い日本において、この数字は由々しき事態。今回は「Ai」についての現状、利点、解決すべ

  • なぜ若者は3年で辞めるのか、働きにくさが邪魔をする

    最近のニュースといえば暗い話題ばかり。先日のオリンピックでは日本全体が明るいエネルギッシュなモードに入っていましたが、終わってしまうとまた暗いムードに逆戻り。開催中の時のように列島全体が熱気に包まれるような感覚をもっと日常的に味わいたいものです。今回は“若者は

4 / 5 « 最初 1 2 3 4 5 最後 »