デジタルタトゥーとは何か?

デジタルタトゥーと呼ばれる言葉があります。いまのインターネット社会において密かな、そして大きな問題となっているものです。そもそもどういったものなのでしょうか。

一度残ると消せない

インターネットに公開された書き込みや個人情報といったものは、一度拡散してしまうと、消すことは困難です。特に、何か犯罪を犯してしまったり、あるいは注目を集めるようなトピックで炎上を招いてしまった場合はなおさらです。これは一度入れてしまうと消すことが困難である入れ墨に例えた表現と言えます。

完全に消せないのか?

デジタルタトゥーは完全に消すことが出来ないのでしょうか。まず、本人が削除をすれば良いと思うかもしれません。なるほどそれに関しては消すことはできるでしょう。しかしながら、その削除が行われた時点で、コピーが取られている可能性は大いにあります。さらには、インターネットにはキャッシュと呼ばれる機能もありますので、さかのぼってデータを取得することも不可能ではありません。

とばっちりも

さらには、何気ない個人情報であったとしても、とばっちりとして間違えられて話題になってしまうといったものもあります。さらには、事後的にその人が犯罪などを起こして注目を集めてしまった場合にも、情報収集がなされてしまう可能性もあります。日常生活の何気ない位置情報や、顔認識や検索履歴といったものも、注意が必要だと言えるでしょう。長く積もっていけば、小さい情報の積み重ねであったとしても、そのヒトを位置づける痕跡となってしまうことは確かなのでしょう。

子供の顔?

インターネットなどには子供の顔写真などを出している人もいますが、こちらに関しても注意が必要だと言えます。インターネットに一度拡散してしまった情報は消せない、それはネガティブな情報であっても、ポジティブな情報であったとしても同じであることは忘れてはいけません。