ドローンはなぜ落ちるのか?

首相官邸にドローンが落下し、中に放射性物質が含まれていたことが問題となりました。さらに、先日長野県の有名観光地である善光寺の境内に、ドローンが落下したことが話題となりました。この件では、15歳の少年が操縦していたことも二重の驚きでした。そもそもドローンはなぜ落ちてしまうのでしょうか?


格安品が出回っている

ドローンは現在、空の産業革命といわれるほどに大きなブームを巻き起こしています。これまで誰も手をつけていなかった、低空の空を活用する手段として注目されているのです。さらに現在のところ、ドローン購入や操縦に関する規制は生まれていません。ドローンでも多くの商品が出回っており、中には1万円以下の格安の商品もでまわっています。しかし、これらの商品の中には、安定度が引くいものもあり、落下の危険を高めているものもあるといわれています。ドローンの中でもピンキリがあるということでしょう。

操縦が難しい

ドローンは、操作が難しいものであると言われています。なぜならば、同時に複数の操作が求められ、さらに遠隔操作も求められるため、風向きや方向などを把握することが難しくなるということもあるからです。ドローンの操作にはある程度の熟練が必要なものとなっているのです。しかし、現状ではドローンは気軽に購入できて誰でも操作できるという状態なので、さらに事故が発生しやすくなっているのです。

「清潔すぎると免疫力が落ちる? 「泥んこ遊び」で子供の免疫力が高まる理由」の詳細を調べる

    
コメント