DV

恋人や夫婦、親子の関係内での暴力問題「DV」(ドメスティックバイオレンス)。心理的、身体的、経済的などで、様々な暴力行為がDV被害者を追い詰めるのが特徴となっています。DVが原因で、事件や犯罪となるケースも増えてきており社会問題となっています。DV加害者の特徴や対策、DV加害者がDVを治療する方法などDV問題を解決するために知っておきたいDV情報を紹介しています。

  • 殴る!蹴る!嫉妬からの暴力が男たちの命を脅かすDV女の被害!

    男が女性に暴力をふるうとされていたDV(ドメスティックバイオレンス)被害。しかし、警察庁の発表で表面化したのは、急増中の男性DV被害。 相談件数や被害届が増え、女性が強くなり、男が弱くなる……近年逆転化している日本で、男たちはどのような被害を受けているのか?

  • DVや虐待をする親は3パターンに分けられる

    実はDVや虐待をする親をひとくくりにしてとらえることはできません。DVや虐待をする親は3つの層に分かれています。 ■DVや虐待をする親3パターン 1. 自分は子どもを愛せないと悩み、虐待をしてしまうのではないかと恐れている。また自分も親からの虐

  • DVを治療するために

    DVを治療するためには、DV加害者がDVを治療するために知っておかなければならないことがあります。 DVは自己責任である 自己責任は二つの特殊な意味で用いています。第一は自分の言動・行為は自分が起こしているとの認識です。例えば夫が「いくら自分が

  • DV加害男性がDVを治療するための考え方

    身体的暴力や精神的暴力に関しては、子どもが泣きやまない、仕事上のストレス、帰宅時に妻が直ちに姿を見せないなど、DVのきっかけは何でもよく、「理由なき暴力」といえます。妻の側は何が暴力のきっかけになるか分からないため、常に脅えながら生活をおくっています。DV加害

  • DVを改善するための有益な態度を習得する9つの方法

    DVを改善するための有益な態度を習得する9つの方法を紹介します。 DVを改善するための有益な態度を習得する9つの方法 1. ゴールに集中し続ける 「自分のゴールをめざせば、小さな歩みでも変化できることがわかった」 2. 常に前向きの

  • DVを直すために人間関係を改善するために学ぶ13のこと

    DVを直すために人間関係を改善するために学ぶ13のことを紹介します。 DVを直すために人間関係を改善するために学ぶ13のこと 1. 配偶者・パートナーの話をよく聞く 「私が学んだのは彼女の話をよく聞き、さえぎらずに話す機会を与えること彼女

  • DV加害男性のための専門相談とは

    米国の殺人事件のうち13%は夫婦問のもので、女性被害者の約30% はDVが原因となっています。米国の正式統計では、毎年200万人の妻が夫から殴打されています。米国では18秒ごとにDVが起こっているが、警察に通報されるのは250例のうち1件のみです。日本では、D

  • DV解決のポイント「介入」

    多くのDV被害者にみられる特徴に「当事者性の不在」というポイントがあります。「わたしはさておき」というこの発想がDV援助における最大の障壁となっているのが現状です。この「当事者性の不在」こそが、日本のDV問題にかかわっていくときの重要課題となっています。家族成

  • DVでよくある質問

    家族や恋人の問題であるDV。しかし、その実態は二人だけの見えない場所で行われていることが多く、DVに関する誤解が生まれてしまいます。今回は、DVの中でよくある質問を紹介します。 ■彼は病気ではないのですか? 違います。彼は計算しているのです

  • DVを直すならお酒はやめる!

    社会問題となっているDV。DVが起こる場合、一般的に男性はパートナーである女性の言動をコントロールしようとして暴力をふるってしまいます。暴力を受けると女性は、相手から距離をとろうとしたり、愛が冷めたりすることのほうが多いです。その男性の暴力を抑制する力を信じる

  • 怒りを適切に表現し、ドメスティックバイオレンスを防ぐ方法

    ドメスティックバイオレンスを解決するには、怒りを適切に表現することが大切です。今回は、ドメスティックバイオレンスを治すために知っておきたい怒りとの付き合い方を紹介します。 ■怒りを表すのは大切 誰かに腹を立てている時のことを思い出してみてくださ

  • あなたもDVかも? DV判断のチェックリスト

    社会問題として年々増加しているDV問題。DVは特別なひとだけの問題ではなく、実はあなたもDVを行っているかもしれません。今回は自分がDVかどうか判断するチェックリストを紹介します。 ■女性用DVチェックリスト 彼の注文に少しでも疑問を示すと、すぐ

  • 「タイムアウト」でDVを防ぐ

    いますぐ暴力をやめるには、具体的に何をすればよいのでしょうか?DVをやめたいあなたは、「タイムアウト」を使ってみましょう。「タイムアウト」を使えば、きっと暴力をやめられるはずです。「タイムアウト」とは、怒りを感じた時や争いが起きたときに、タイムを取ることです。

  • DV加害男性12の共通点

    DV加害者にはある共通点があります。もしかしたらあなたにも当てはまる共通点があるかもしれません…今回はDV加害男性における12の共通点を紹介します。 共通点その1 第1に、なかでもよくみられる傾向は、自分が暴力をふるう事実を否定したり、自分の暴力を大し

  • DVを社会から減らすために男性に知っておいてもらいたい3つの考え方

    社会問題である家庭内暴力(DV)。DVはいけないという議論は多いのですが、どうしたらDVが社会からなくなるのかが議論される機会は少ないのが現状です。今回は社会からDVを減らすために、まず男性に知っておいてもらいたい考え方を紹介します。 ■DVをな

  • こんな男には要注意!! DV男の発言や行動の特徴とは

    早乙女太一さんが西山茉希さんへの暴力騒動がありましたね。結婚を視野に入れると特にですが、相手の人が感情的になって暴力を振るわないかどうか心配になります。実はDV男の発言や行動にはある特徴があります。そこで今回は、DV男が言いそうなことやDV男の特徴を紹介します

1 / 1 1