DVを直すために人間関係を改善するために学ぶ13のこと

DVを直すために人間関係を改善するために学ぶ13のことを紹介します。


DVを直すために人間関係を改善するために学ぶ13のこと

1. 配偶者・パートナーの話をよく聞く

「私が学んだのは彼女の話をよく聞き、さえぎらずに話す機会を与えること彼女と彼女の気持ちにもっと理解を示すべきだということだ」
「私のゴールは妻の話を本当によく聞くことだった。彼女は彼女に関する私の冗談が嫌いだった。彼女の話をじっくり聞かないのは、以前からの習慣だったから、このゴールは私にとって良かった。良い出発点になった」

2. 双方向のコミュニケーション

「何でも自分一人で決めてしまわないで二人の間でコミュニケーションをとるとたいていの問題が始まる前に片付くことがわかった」

3. 他者のニーズに敏感に

「彼女の気持ちに気づかせてくれた。彼女に言ったり、したりすることを立ち止まって考えるようになった」

4. 親切にする

「親切にし、やさしい言葉をかける」
「そうです。私は今実行していることを必ず続けます。それは、娘と過ごす時間を多く取り、やさしくすること。それが今、していることです」

5. 家族との時間を増やす

「家族との時間を「家族との時間をふやすことは思っていたほどつまらないことではなく、今は家族との時間を本当に楽しんでいる」
「私の毎日の計画や生活に彼女のことも入れるようになった。そうしたら私が彼女に身近にいてほしいことをわかってもらえた。毎日彼女とだけ過ごす時間をわずかでも取るようにしている。そうすれば彼女は喜び愛されていると感じる。それがとても大事だとわかった」

6. 自分と他者の間に距離を置く

「不満と怒りを処理する方法は、自分のために小休止を取り、他者との間に時間と距離を置くことだ」
「私のゴールは妻に自由を与えることだった。たとえば妻を約束の場所に一人で行かせるとか。最初はそれが難しかった。というのは、彼女は家に帰ってくるだろうかとか、別の病院へ送られてしまうのかどうかが不安だったからだ。今は他のことに気持ちを集中できるようになった。また楽しいと思うことをして自分に注意を向けている。おだやかで愛情のこもったやり方で夫の責任を果たすようにしている」

7. 家事を助け子どもの面倒をみる

「以前は友人の手伝いをしても家では何もしなかったが、家事や家族との関係作りに責任があることを学んだ。家事をするようになって妻との関係がよくなった。私たちは前より言い争いをしなくなった」
「妻は私の変化に気づいているようだ。私が前より家にいて, 子どもたちの宿題をみてやったり寝かしつけたりしていることにね」

8. もっと良い父親になること

「今では私は父親というよりお父さんらしくなった。前は自分の親父と同じようにふるまっていたが娘には自分のような生活をさせたくなかった」

9. 他の人の良いところを探す

「今までなら過剰反応していた場面でも、コンプリメン卜すれば信頼され. 誰でも気持ちがよくなることがわかった」

10. 思いやり

「他の人を思を思いやり尊敬することについてたくさん学んだ」「他の人も私のことを思いやってくれることがわかった」

11. 他の人を尊敬する

「人を尊敬し、あるがままに受け入れることを学んだ」

12. ギブアンドテイク

「自分のほんの一部を与えるだけですばらしい見返りがあることを学んだ」

13. 信頼

「信頼にはさまざまな感情が混ざり合っていることがわかった。人を信頼すればするほど人生や生活に対応するのが楽になる」

DVを行っている人は注意してください。

「DV加害者が変わる-解決志向グループセラピー実践マニュアル(モー・イー・リー, ジョン・シーボルト, エイドリアナ・ウーケン)」の詳細を調べる

    
コメント