拘置所、拘置支所はどこにある?

2018年3月、地下鉄サリン事件から20年が経ち、一連のオウム真理教事件の死刑確定囚が、各地の拘置所へ移送され話題となりました。その拘置所は全国にいくつあるのでしょうか。


留置所とは違う

拘置所とは、逮捕起訴されて裁判にかけられている未決囚が収監される施設です。逮捕されてすぐに入れられるのは警察の留置所です。留置所と拘置所は違います。さらに、裁判で有罪が確定し、懲役刑となった場合には日本各地にある刑務所へと収監されます。

拘置所はいくつある?

拘置所は東京の小菅にある東京拘置所のほか、東京都の立川にある立川拘置所、そのほかの都市では名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡にあります。それらをすべて合わせると、全国に8箇所の拘置所があることになります。

そのほかの拘置支所もある

それぞれの拘置所のほかに、拘置支所と呼ばれる施設もあります。例えば北海道には、札幌、小樽、室蘭、名寄、岩見沢の5つの拘置支所があり、札幌と小樽の拘置支所は札幌刑務所、名寄の拘置支所は旭川刑務所、岩見沢拘置支所は月形刑務所が所轄しています。それぞれの拘置支所は最寄りの刑務所によって所轄されているのです。

    
コメント