ロスジェネ女子の憂鬱

ロスジェネという言葉はすでに過去のものといったイメージがあります。ロスジェネは現在の35~45歳くらいの世代で、一般的には不況で就職ができず、単純作業のアルバイトを転々とすることによってスキルアップにも繋がらず、収入も上がらないため結婚もほど遠いといった世代の人を指すようです。


男性側ばかりが語られる

そうしたロスジェネについて語られる時のひとつの罠と言えるものが、男性側の視点ばかりが語られることでしょう。収入が低いので、恋人と結婚したくてもできないというような具合です。しかしながら、ロスジェネには男性ばかりではなく女性も存在します。

失われた世代の本音

雨宮処凛による『非正規・単身・アラフォー女性 「失われた世代」の絶望と希望 』(光文社新書)は、自らも女性のロスジェネ世代と言える筆者による体験的ノンフィクションというべきものです。もちろん本人の体験ばかりではなく、同世代の女性に対するインタビューも敢行されています。同じような立場であるからこそわかる言葉、聞ける言葉というのもそこにはあるかもしれません。

何が問題なのか

40代、いわゆるアラフォーの独身女性たちに襲いかかるものとはなんでしょうか。まずはほとんどの人が不安定な非正規雇用の立場にあります。本書では半分と規定されていますが、実際はそれよりも多いのではないでしょうか。さらに、そこには親の介護といった問題も立ちはだかってきます。生きづらさがそこにはあると言えるでしょう。しかしながら生きていかなければいけない。それでも、という問題がそこにあるのです。これは必ずしも自己責任と言い切れるのでしょうか。もっと大きな問題、さらには取り返しのつかない社会政策の問題が浮かび上がってくると言えるでしょう。

    
コメント