次の時代はどうなる?

次の時代という言葉は常に言われますね。時代を読む、時代を先取るといった言葉でも使われています。やはり時代というのは日々刻々と変化しているものでありますから、そこにおいては時代を読む力というべきものを身につける必要があると言えるでしょう。

どう生きるか?

高坂勝による『次の時代を、先に生きる。:まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ』(ワニブックス)においては、時代の読み方について新しいヒントを与えてくれる本だと言えるでしょう。本書で提唱されているのは、これからの時代はもう成長をすることはないというものです。だからこそ、どのように生きていくか、さらにどうやって生き残っていくかといったことは重要なポイントとなるのではないでしょうか。

常識から抜け出せ

本書では「常識から抜け出す」方法について記されています。確かにこれまで通りのものの見方をしていれば、それはある意味では世の中は不幸であり、絶望であり、もう終わりであるかもしれないと悲観的になってしまうかもしれません。しかし、そうした逆境の時代にこそチャンスが存在するというのも確かなのです。

すべてを選択する

本書では多くの選択肢から何を選ぶかについても記されています。そうです。あなたの目の前には無限の選択肢があるわけですから、それをどう見極め、選択していくかというシンプルな問いかけがそこには残ることでしょう。